顔写真付きでアピール

名刺に顔写真を入れることが、普及し始めています。身分証明証が、顔写真付きでないと信用してもらえないことがあるように、ビジネス名刺に顔写真が付いていると、より信用性がある名刺へと変身してくれます。名刺は誰でも作ることができるため、大企業の社員を装って名刺を作り、悪用することも可能です。実際、そのような犯罪が多発し、社会問題になっています。騙されないようにと注意が促されても、巧みに名刺まで作って配られては、真偽に気が付かなくても当然です。その点、顔写真付きの名刺は、真偽を見分ける大きなポイントになってくれます。

顔写真が付いた名刺なら、名刺交換をしたビジネス相手に、後で容易に顔を思い出してもらえます。名刺交換を頻繁にしている人にとって、相手の顔を覚えるのは、なかなか難しいもの。特に思い出す必要もないかと思われて、名刺をしまわれては、配った甲斐がありません。そういえば、出会って名刺交換をした人はこんな顔だったという記憶が浮かんでくれば、ふとしたときに取引をしてみようかという気になることもあるのです。信用性とビジネスチャンスを高めるという意味で、顔写真付きの名刺は、おすすめです。名刺を大切に配ろう、という気も起こってくるでしょう。

○推奨HP○デザイン名刺.net|顔写真付名刺作成

名刺の色が表す意味

名刺には、色を入れることができます。業者に頼むと、何色以上は追加料金がかかるなど、印刷技術を要する問題です。つまり、クオリティの高い名刺だということ。名刺交換をした際にも、白黒のみの名刺よりは、色が使われている名刺のほうが、パッと目に付きます。企業にカラーがある場合は、その色が名刺に使われることもあり、インパクトを与えることができます。無理に色を入れる必要はありませんが、ビジネス名刺に色を加えると、名刺の効果を高めることができます。

名刺に使用するに限らず、色には人に与える印象があります。例えば、赤ならエネルギーやパワー、愛といった印象を与えることが可能。初対面の人に、強烈な印象を見せたいときにも、赤を身に着けるとよいといいます。黄色には知性という意味があり、青は平穏や信頼、誠実といった意味を象徴。オレンジは創造性や革新、思考を表し、緑はお金や成長、生命を表すといった具合です。

このようなカラーの意味を名刺に取り入れると、ビジネスの場面で効果的に役立てることができます。企業のモットーを色に示すことも可能で、それを名刺のデザインに加えて、配った人に企業のイメージを付けることもできるわけです。

縦書きか横書きか?

日本では、縦書きの名刺と横書きの名刺があります。最近の主流は横書きですが、だからこそ縦書きがインパクトを与えるということもあります。両面印刷の名刺であれば、少なくともビジネス名刺としては表が縦書き、裏が横書きでは違和感あり。そうなると、裏面の情報も、縦書きで好印象を与える内容やデザインに工夫する必要が出てきます。

縦書きか横書きかに限らず、名刺のデザインでは多くの細かなことが決められていきます。フォントを統一するというのも、基本的なポイント。名刺交換をした相手の目をグルグルさせてしまうような、複数のフォントを使用した名刺は避けなければいけません。名刺の空間の問題も、重要です。文字をぎっしり埋めれば得なようですが、むしろ敬遠されてしまう可能性もあります。ビジネス名刺は、一目で見てインパクトを与える必要があります。情報を厳選して、頭に入ってきやすいように、適切なスペースを調節することが大切です。

名刺のデザインというと、凝ったイラストを入れるなどを思い浮かべる方が多いかもしれません。名刺の場合は、文字だけの配置でもデザインに値し、工夫のしがいがあります。目に入った瞬間に、強烈な印象づけができるデザインの名刺は、ビジネスシーンで頼りになります。

ビジネス名刺の工夫

ビジネス名刺のデザインには、工夫が必要です。縦書きにするか、横書きにするか、フォントは何を使用するか、どのような情報を入れるか、色を入れるか白黒のみの名刺にするかなど、手のひらにすっぽりおさまるほどの名刺に、最低でもこれだけのデザインを考える必要があるのです。名刺の場合は、文字の配置もデザインの一つ。イラストなど入れなくても、1枚の名刺の中でどのように情報を置いていくかの構図が、名刺のデザインとなります。

名刺には、色を入れることも可能です。たった1色、色が入っているだけでも、ビジネス名刺が活気的なイメージを帯びてきます。ただし、色にはそれぞれの意味があります。どのような印象を与える名刺にしたいかは、取り入れる色によって決めることもできるのです。逆に、マイナスな印象を与えやすい色の使い方にも、要注意です。ビジネス名刺は、どのような場合でも好印象を与えるツールでなくてはなりません。企業のカラーを名刺に入れるときにも、大きな視覚効果があることを覚えておきましょう。

最近増えてきたのが、顔写真付きの名刺です。ビジネスシーンで顔写真付きの名刺を使うと、信用性が高まり、ビジネス効果にも期待が持てます。顔写真を付けた名刺は、まだまだ高価です。業者に依頼しなければ質のよい名刺に仕上がらないことから、立派な名刺を持たせている企業という好印象にもつながります。様々な効果が出てくる顔写真付き名刺は、これからの主流になりそうです。