名刺の色が表す意味

名刺には、色を入れることができます。業者に頼むと、何色以上は追加料金がかかるなど、印刷技術を要する問題です。つまり、クオリティの高い名刺だということ。名刺交換をした際にも、白黒のみの名刺よりは、色が使われている名刺のほうが、パッと目に付きます。企業にカラーがある場合は、その色が名刺に使われることもあり、インパクトを与えることができます。無理に色を入れる必要はありませんが、ビジネス名刺に色を加えると、名刺の効果を高めることができます。

名刺に使用するに限らず、色には人に与える印象があります。例えば、赤ならエネルギーやパワー、愛といった印象を与えることが可能。初対面の人に、強烈な印象を見せたいときにも、赤を身に着けるとよいといいます。黄色には知性という意味があり、青は平穏や信頼、誠実といった意味を象徴。オレンジは創造性や革新、思考を表し、緑はお金や成長、生命を表すといった具合です。

このようなカラーの意味を名刺に取り入れると、ビジネスの場面で効果的に役立てることができます。企業のモットーを色に示すことも可能で、それを名刺のデザインに加えて、配った人に企業のイメージを付けることもできるわけです。