ビジネス名刺の工夫

ビジネス名刺のデザインには、工夫が必要です。縦書きにするか、横書きにするか、フォントは何を使用するか、どのような情報を入れるか、色を入れるか白黒のみの名刺にするかなど、手のひらにすっぽりおさまるほどの名刺に、最低でもこれだけのデザインを考える必要があるのです。名刺の場合は、文字の配置もデザインの一つ。イラストなど入れなくても、1枚の名刺の中でどのように情報を置いていくかの構図が、名刺のデザインとなります。

名刺には、色を入れることも可能です。たった1色、色が入っているだけでも、ビジネス名刺が活気的なイメージを帯びてきます。ただし、色にはそれぞれの意味があります。どのような印象を与える名刺にしたいかは、取り入れる色によって決めることもできるのです。逆に、マイナスな印象を与えやすい色の使い方にも、要注意です。ビジネス名刺は、どのような場合でも好印象を与えるツールでなくてはなりません。企業のカラーを名刺に入れるときにも、大きな視覚効果があることを覚えておきましょう。

最近増えてきたのが、顔写真付きの名刺です。ビジネスシーンで顔写真付きの名刺を使うと、信用性が高まり、ビジネス効果にも期待が持てます。顔写真を付けた名刺は、まだまだ高価です。業者に依頼しなければ質のよい名刺に仕上がらないことから、立派な名刺を持たせている企業という好印象にもつながります。様々な効果が出てくる顔写真付き名刺は、これからの主流になりそうです。